か め く す ブ ロ グ へ よ う こ そ !

【硬度が高い水】ミネラル豊富な硬水がおいしいの⁉︎

富士山と湖
  • おいしい水
  • ミネラル豊富な水
  • 身体に良い水

これは全てがイコールではない事を先に話しておきます。

美味しくても身体によくなかったり、まずくても栄養価が高かったり・・・

おいしい水ってそもそも何なんですかね・・・⁉️

もくじ

硬度が高い水、ミネラル豊富な硬水がおいしいの⁉︎

女の子

水ってどれが一番美味しいの?

かめくす

『美味しい水』は、運動の後や季節によっても変わってくるんですよ

味の感じ方はその時々で変わるので、状況にあった水が『一番美味しい水』になります。

そのために、まずは水の成分(ミネラル)と味覚から解説していきます。

ミネラルウォーターに含まれる【4大成分】

  1. カルシウム
  2. ナトリウム
  3. カリウム
  4. マグネシウム

カルシウム

  • 味覚:苦い、酸っぱい
  • 人の身体で一番多いミネラル、全体重の1.5%~2.0%を占める
  • 骨や爪を形成
かめくす

苦くてちょっと酸っぱい

ナトリウム

  • 味覚:塩味、しょっぱい
  • 言わずと知れた塩の元素
  • 適度な塩分は身体に必要
かめくす

水の味はこれで決まる

カリウム

  • 味覚:塩味、しょっぱい、あと味が悪い
  • 人体に必要不可欠な必須元素
  • 脳や神経の伝達に重要な役割がある
かめくす

飲んだ後に舌に残る味

マグネシウム

  • 味覚:やさしい苦味
  • 人間の身体には筋肉や骨などに約25g存在する
かめくす

苦味も心地よければOK

カルシウムとマグネシウムは苦味!
カリウムとナトリウムは塩味!

いちいちミネラル含有量を調べるのは大変なのですが、『硬度』と言うものを目安にすると簡単です。

硬水とか軟水って聞いたことありませんか?

硬度はミネラルウォーターに記載されています。

裏のラベルを見てみてください。

硬度の定義

硬度 =(カルシウム量×2.5)+(マグネシウム量×4.1)
硬度100mg/ℓ未満 = 軟水
硬度100mg/ℓ以上 = 硬水
(*世界基準では120mg/ℓ)

日本人の多くが飲んでいる水道水は軟水なので、ミネラルはやや不足気味なんです。

硬度がめちゃくちゃ高い(1468mg/ℓ)フランスのコントレックス(contrex)という水もありますが、正直苦くてあまり美味しくないです。(500ml中に牛乳約1本分のカルシウムとアーモンド約9粒分のマグネシウムを含むカロリーゼロのミネラルウォーター)

かめくす

『良薬口に苦し』ですね

タイミングで水を飲み分ける

硬度が低めの水がお勧め

  • 運動をしていない時
  • 食事中
  • 料理に使用

食事で必要なカロリーをとるのがおすすめです。

硬度が高めの水がお勧め

  • 朝起きた時
  • 運動をした後
  • お腹が空いている時

お腹が空いている時は味のある水が美味しく感じます。

寝ている間もカロリーを消費しているので、ミネラル補給は大事です。

運動後はミネラル豊富な水を飲むのが好ましいですね。

ただ注意点があって、激しい運動のあとは胃腸も疲労しているので、高ミネラルの水を飲むとお腹をこわしたりします。

水分やミネラル不足の危険性

大人の身体は60%の水分で構成されています。

赤ちゃんは75%、幼児は70%。

年齢を重ねるごとに水分量は減っていって、老人になると55%程度になります。

最近・・・

  • 化粧のノリが悪い
  • 爪の縦の線が気になる
  • 唇がカサカサしている
  • 脚だけではなく他の部分が乾燥してきた
  • 就寝中にふくらはぎをつる(こむらがえり)
かめくす

『こむらがえり』は歳をとると起きやすい

こんな症状があったら『水分不足』と『ミネラル不足』が考えられます。

あなたや家族は大丈夫ですか⁉️

水分補給・ミネラル補給はしっかりと行いましょう。

かめくす

飲み過ぎには注意!

まとめ

『美味しい水』の味覚は季節やあなたの状況によって変化します。

硬度が高ければ美味しいとは限りませんね。

寝起きや運動した後など、あなたの状況によって硬度の違う水を飲み分けてみてください。

きっと美味しい水を飲めるはずです。

水道水から美味しい水が出れば一番良いのですが、なかなかそうもいかないですよね。

かめくす

水のおいしさに直結するミネラルは残し、カビや細菌、ウイルスなどの汚染物質は99.99%除去するウォーターサーバーもあります。キララウォーターフレッシュサーバーの記事をよかったらご覧ください。

それでは素敵な水ライフを送ってくださいね!

関連記事はこちらをご覧ください

ブログ村に遊びにきてね!

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
富士山と湖

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神奈川県出身
ソムリエ・元ホテルマン
現在はソムリエブロガーとして日々奮闘中!
自分の経験をもとに、ワイン雑学・水へのこだわりを『わかりやすく』発信しています。
【JSA認定シニアソムリエ】
【日本ホテルレストランサービス技能検定1級】

コメント

コメントする

もくじ
閉じる