か め く す ブ ロ グ へ よ う こ そ !

世界三大貴腐ワイン、これって蜂蜜⁉️めちゃくちゃ甘い!

世界には甘口のワインが数多く存在します。

その中でも造り手が手塩にかけて、かつ奇跡的な条件で出来上がったワインが貴腐ワインです。

この記事では貴腐ワインの中でも最高峰の『世界三大貴腐ワイン』を紹介します。

この記事でわかること

・世界三大貴腐ワインとは
・貴腐ワインに合わせる料理
・お手頃な貴腐ワイン

かめくす

シニアソムリエ取得3桁台の『かめくす』です!

世界三大貴腐ワイン

世界三大貴腐ワインはこちらの3つです。

  • ソーテルヌ(フランス🇫🇷)
  • トロッケン・ベーレン・アウスレーゼ(ドイツ🇩🇪)
  • トカイ(ハンガリー🇭🇺)
女の子

貴腐ワインってなに?

かめくす

簡単にいうと、カビが生えて干からびたブドウだけで造った甘口の白ワインです!

女の子

カビが生えたブドウ?
そんなワイン飲めるの?

かめくす

甘くて美味しいんですよ!

白ぶどうの皮に『ボトリティス・シネレア菌』というカビ菌がくっつくことで、水分が奪われて、干しブドウみたいになって糖度が高まるんです。

本来ならば『ボトリティス・シネレア菌』が付着すると腐ってしまうのですが、日照量や朝霧など天候の奇跡的な条件が整うと貴腐ブドウが誕生します。

そして貴腐ブドウを摘み取って造るワインが貴腐ワインなんです。

めちゃくちゃ手がこんでるんですよ!

それでは世界三大貴腐ワインをそれぞれ解説していきます。

かめくす

フランス
ドイツ
ハンガリー

【フランス代表】ソーテルヌ(Sauternes)

ソーテルヌのワイン

ソーテルヌとはフランスボルドー地方のソーテルヌという地区のこと。

ソーテルヌ地区で作られる甘口白ワインを総称してソーテルヌと言います。

この地区では辛口の白ワインも作っていますが、法律上ソーテルヌと名乗れるのは甘口ワインだけです。

メインで使用されるブドウ品種は『セミヨン

かめくす

半熟英雄で出てきたから聞き覚えがある

セミヨンは皮が薄く、若いうちは香りが控えめで他のブドウのサブ役として使われることが多いですが、ソーテルヌのように長期熟成するワインで真価を発揮します。

1855年にボルドーでは格付けが行われ、ソーテルヌも3つの格付けに分類されました。

特別第1級(Premier Grand Cru)
第1級(Premier Cru)
第2級(Deuxiemes Cru)

ソーテルヌの格付け

特別第1級(Premier Grand Cru)

シャトー・ディケム
(Chateau d’Yquem)

かめくす

シャトー・ディケムは1本のブドウの木からグラス1杯分しか取れないんだよ

第1級(Premier Cru)

シャトー・ラ・トゥール・ブランシュ
シャトー・ラフォリー・ペラゲ
シャトー・クロ・オー・ペラゲ
シャトー・ド・レイヌ・ヴィニョー
シャトー・スデュイロー
シャトー・クーテ
シャトー・クリマン
シャトー・ギロー
シャトー・リューセック
シャトー・シガラ・ラボー
シャトー・ラボー・プロミ

ソーテルヌのワインは比較的高額ですが、探せば数千円台で購入できます。

シャトー・ディケムも探せば掘り出し物もあるかもしれないですね。

【ドイツ代表】トロッケン・ベーレン・アウスレーゼ(Trockenbeerenauslese)

ドイツの葡萄畑
モーゼルのぶどう畑

世界のワイン産地の中でも最も北に位置するのがドイツです。

気温が低い中でも陽の光があたるよう工夫されています。

ブドウ品種はリースリング、ゲヴュルツトラミネール、ミュラー・トゥルガウ、ショイレーベ、オルテガなどが代表的です。

急斜面にブドウ畑があるのは、なんとなく知っていますよね。

ドイツワインにも格付けがされています。

ドイツの格付け

  1. Deutscher Tafelwein【ドイッチャー・ターフェルヴァイン】
    テーブルワイン(エクスレ度44~50) 
  2. Land wein【ラント・ヴァイン】
    地酒(エクスレ度47~55)
  3. Q.b.A【クー・ベー・アー】クヴァリテーツヴァイン・ベシュティムター・アンバウゲビーテ
    最も多く飲まれるワイン(エクスレ度55~72)
  4. Q.m.P【クー・エム・ペー】クヴァリテーツヴァイン・ミット・プレディカート
    最上級(エクスレ度 下記の表を参照)

*エクスレ度はぶどう果汁の比重の単位=糖度が高い

かめくす

噛みました・・・

最上級のQ.m.P(クー・エム・ペー)はさらに糖度によってランクが分けられています。

名称エクスレ度甘口・辛口
カビネット50~72甘口・辛口
シュペートレーゼ(完熟)76~95甘口・辛口
アウスレーゼ(遅摘み)83~105甘口・辛口
ベーレンアウスレーゼ(貴腐or遅摘み)110~128甘口
アイスヴァイン(凍結)110~128甘口
トロッケンベーレンアウスレーゼ(貴腐)150~154甘口
エクスレ度

*エクスレ度はぶどう果汁の比重の単位
=糖度が高い

貴腐菌が奇跡的にぶどうに付着して、

  • 日照量

など全ての条件と造り手の技術と愛情がおりなす最高傑作が、

トロッケン・ベーレン・アウスレーゼなのです。

【ハンガリー代表】トカイ(Tokaji)

トカイアスー

世界三大貴腐ワインの最後は

『トカイ(Tokaji)』です。

かめくす

トカイだけど田舎で作られてます

・・・・・💢

かめくす

そっ、それでは解説していきます💧

フランスのルイ14世が絶賛して放った言葉が有名です。

王者のワインにしてワインの王者

トカイはハンガリー北東部の
『ボルショド・アバウーイ・ゼムプレーン県』の小さな街です。

かめくす

一回じゃ言えない・・

ティサ川流域、ボドログ川沿いに位置しています。

トカイのワイン地方はブドウ畑の文化的景観が2002年にユネスコの世界遺産に登録されました。ステキなところですね!

【トカイのブドウ畑】
引用:ウィキペディア

ハンガリーで使用される白ブドウ品種

フルミント、ハーシュレヴェルー、オットネル・ムシュコターイ、オラスリズリングなどが代表的です。

赤ワイン用の黒ぶどうも作ってます。

ワインの格付け

  1. トカイ・アスー・3-6プットニョシュ
  2. トカイ・アスー・エッセンシア
  3. トカイ・エッセンシア(貴腐ブドウ100%)
    *蜂蜜みたいにとろとろです
かめくす

プットニョシュ

糖分含有量によって3〜6プットニョシュおよびアスー・エッセンシアの5階級に分類されます。

トカイ・アスー・エッセンシアはカテゴリーが廃止になり2009年が最後のビンテージとなります。

 トカイ・エッセンシアの
 \  スゴいところ  /

①貴腐ブドウ100%で造られる貴腐ワインは、全世界でトカイ・エッセンシアだけ!

②1ヘクタール(100m×100m)で500mlが【2本】しか造れない

ファイナルファンタジーのエリクサーは『トカイ・エッセンシア』がモデル!

かめくす

HP全回復!

貴腐ワインに合わせる料理

貴腐ワインに合わせる料理は主にフルーツかチーズ(フロマージュ)がおすすめです。

レストランでもメインディッシュ後のフロマージュを提供するタイミングで提供しています。

簡単に料理との相性

  1. 甘みのある(甘みを加えた)フルーツ
  2. バター系のお菓子
  3. ブルーチーズ(あまじょっぱいのが合う)

具体的な料理を紹介します。

甘みのある(甘みを加えた)フルーツ

フレッシュのフルーツだと酸味が際立ってしまうので、火を通した方が合わせやすいです。

  • あんずや桃のコンポート
  • 焼きリンゴ
  • 干しぶどう
  • ジャム系全般
かめくす

黄桃の缶詰にも合いそう!

バター、ナッツ系のお菓子

  • タルト
  • カスタード
  • クレープシュゼット
  • スフレチーズケーキ
  • アップルパイ
かめくす

トーストにバター塗ってマーマレードでも合いそうだね!

ブルーチーズ

  • フルムダンベール
  • ロックフォール
  • ゴルゴンゾーラ

ブルーチーズは大抵合いますが、塩味が強すぎるようだったら、蜂蜜をかけるとピッタリ合います。

日本人って甘ジョッぱいのが好きなんですよね!

人の味覚は様々なので、いろんな組み合わせを試してみてくださいね。

かめくす

料理とワインの出会い
それが『マリアージュ!』

お手頃な貴腐ワイン

世界の三大貴腐ワインをあげてきましたが、沢山ありすぎて選べないですよね。

今なら3種類がセットでお得なのがあるので紹介しますね。しかもミニボトル!

本来なら一本数千円から数万円するので、なるべく価格を抑えた商品を見つけました。

この機会にぜひ試してみてくださいね。

【世界三大貴腐ワイン】
〜飲み比べ3本セット〜
ソーテルヌ(フランス)375㎖、トカイ(ハンガリー)500㎖、トロッケンベーレンアウスレーゼ(ドイツ)375㎖
(送料無料)

まとめ

世界三大貴腐ワインについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

人生の経験として一度は味わってみたいものですよね。

甘党の方はもちろんのこと、お酒が苦手な方もこれでワインを好きになるかも知れませんね。

ご家庭でも料理とワインのマリアージュを楽しんでみてください。

それでは!

ワイン関連の記事はこちらをご覧ください

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神奈川県出身
ソムリエ・元ホテルマン
現在はソムリエブロガーとして日々奮闘中!
自分の経験をもとに、ワイン雑学・水へのこだわりを『わかりやすく』発信しています。
【JSA認定シニアソムリエ】
【日本ホテルレストランサービス技能検定1級】

コメント

コメントする

もくじ
閉じる